カテゴリー「 離乳食・幼児食・お弁当」の7件の記事

2012年10月 1日 (月)

私なりのキャラ弁

月に一度、保育園の「お弁当の日」があります。

目の前で食べるわけではないので、
肉・魚・お菓子しか食べない偏食の息子が食べてくれるのか?喜んでくれるのか?
心配で心配で・・・すごく苦手意識があります。

そんな、お弁当下手な私なりに作ったキャラ弁をご紹介します。

ご飯でキャラをつくる方が楽そうなのですが。。。
保育園のルールでご飯ではなくおにぎりを持参することになっており、

そこでおにぎりは、まんまるおにぎりを
包むだけでキャラになるラップを使用しています。

1.仮面ライダーフォーゼとパンダのおにぎり、
おかずには市販の仮面ライダーソーセージをいれました。

3
フォーゼおにぎりは、汚いのでわかるでしょうが手作りで、
パンダおにぎりは市販のキットを使用しています。

これが面倒でラップ式に切り替え・・・ι

2.普通にお弁当を作った後、海苔をバルタン星人にカットして
チーズに張り付けたものを乗っけました。

お弁当のおかずは自由に作って、
最後に前日つくったキャラを乗っけるだけなので楽!

1

3.こんどはハムとチーズと海苔でモモジリを作りました。

スマホで画像検索したのをみながらチマチマ・・・。
似ないので時間がかかりましたι

画をみながらより、ちゃんと印刷してトレースした方が
かえって時間かからなかったかも。

2

次の弁当の日・・・どうしよう(泣)

↑↑複数のランキングサイトに参加しています♪
↓↓どちらも応援クリック宜しくお願いします!


にほんブログ村 インテリアブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

緑ヶ丘地区支援センター『ぴくにっく』/離乳食会

1

P1230021離乳食をよく食べる子、食べない子、どちらの親でもよその離乳食や離乳食風景が気になるものです。。。

そこで、ママ友達をお誘いして緑ヶ丘地区支援センター『ぴくにっく』公式ブログ)で離乳食会をひらきました♪

同じ支援センターでも『ぴくにっく』は度々訪れた『ぴよぴよ』とはルールが異なり、
靴下を脱がないといけません。転倒防止ですって。

『ぴよぴよ』くらい広くって、奥まった空間がお食事専用スペースとなっています。
飲み物は自由ですが、お食事およびおやつ時間が制限されている『ぴよぴよ』とは異なり、専用スペースならばいつでも飲食可。(出前も利用可能)

子供のご機嫌次第で食事時間が前後するし、子連れで飲食店は大変だし、
お食事時間が制限されないおかげで、買い物帰りに寄ってランチしてから遊べて良いですね♪

P1230022置いてある絵本は2週間貸し出し可で、一度100円を支払えば1日中出入り自由だとか。
近所に商店街があるので保育士さんに預けてお買い物できそうです。

ただ、オモチャも絵本も少ない・・・。
『ぴよぴよ』は高価なオモチャ、最近のオモチャ、海外の有名メーカーのオモチャが沢山あるのに驚きましたが、

『ぴくにっく』は既製品はそう多くなく、職員が牛乳パックで作ったイスや、ペットボトルで作ったオモチャなど努力が見られます。

天井から下がるモビールも手作り。『ぴよぴよ』のモビールは高そうなデザイン性の高い既製品でした(笑)

P1230031さて、離乳食会。
各自離乳食およびママの昼食を持ち寄ってランチ開始です。

よく食べると聞いていた、一番からだが小さくて細い赤ちゃん、びっくりするくらい食べるんです。大人の保温お弁当箱いっぱいの離乳食を完食!!(しかも普段より少ないらしい)

息子と、息子とお誕生日が同じ男の子はすぐにイヤイヤ状態で口をつけなくなりましたが、女の子3人組は食べる食べる。なかなかママは自分の昼食にうつれません。

うち2人は机に手をつき、立った状態で食べていました。机に這い上がろうとしたり、途中で気が散りつつも食事する意欲まんまんで結局完食するまで食べ続けます。

P1230029湯通しせず、糸をひきまくる納豆だろうと、スプーン山盛りの離乳食だろうと、歯がないのにしっかり飲み込んでいます。うちはスプーンの先にちょっと乗せただけでも喉に詰まらせて嗚咽するのに(泣)

早く口に入れろと食べ物をせがみ、もりもりと手づかみ食べし・・・うちと別格の食事風景に感心するやら羨ましいやら(泣)

やった甲斐がありました!非常に参考になったわ。

男の子は基本的に食が細いらしいです。
女の子の赤ちゃんばかり食欲旺盛なのは、早くも男女の性差なのかな?と割り切ることにします。

オモチャが少なく、息子が気に入るものが見つからなかったけれど、
職員の雰囲気はこちらの方が好きなので、また行って見ようかな♪

ランキングに参加しています♪
応援クリック宜しくお願いします!↓

にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへにほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ人気ブログランキングへ

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

離乳食チェア

Securedownload子供の首が据わるまではダイニングテーブルで食事していましたが、
バウンサーからうらめしそうに、食事する私達を見つめているのがかわいそうで・・・小さな折り畳みテーブルを出してお食事ι

乗り切らない分は床に置いて食事するという(汗)、お行儀の悪い、常にピクニック状態でした。

息子の離乳食がはじまり、
腰が座ったらダイニングとローテーブルどちらで食事するようにするか?それによって

イスは成長に応じるチェアを買い足すか、

既存のイスに取り付けるものにするか、

息子にマナーを教える為にも早く正しい食事スタイルを確立しなくては。。。

結局、今後遊び食べで周囲を汚す事を考えたら、ダイニングではなく低い位置での食事が都合良いかなと思い、

実家に持ち運び可能で、息子に不要になった場合、第二子まで収納場所をとらないこちらの商品(の色違い)を購入しました。

自宅では座椅子に取り付けて、
主人の実家ではダイニングチェアに付けてと応用がきくし

持ち運びが軽いし、場所をとりません♪
成長に応じてクッションで高さを調整可能です。

『生後10ヶ月から』となっていますが、しっかりと腰が座った生後7ヶ月から使用中。

テーブル付で床置き・イス置き両用のプラスチック製のものがありますが、これは第二子までの収納がかさばるなぁ。

ローテーブルは和室で使用していたものをリビングに移動。
代りに、ダイニングテーブルとして使用していたパソコンデスクが和室へ。

『開かずの和室』だった和室、ついに大改造中です。
未公開のまま変身しても変化がわかりませんよね(笑)でも和室ではなくなるので、驚いていただけるはずです。

リビングも、現状を公開しないまま模様替え4回目ですよ(汗)
今回の模様替えでやっと納得がいきそうなので、終えた暁には寝室につづき久々のインテリア ネタになるはずです。

にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへにほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

7ヶ月にしてパクパク期?

P1220689離乳食を受け付けない息子・・・。
小児科で親と同じものを与えていいと言われ、試してみると若干進展しました。
(小児科でうけた離乳食アドバイスについては前回日記参照)

アレルギーだったらどうしようかとビクビクしていた卵の黄身も、洋菓子屋さんのプリンやおでんの卵の黄身を食べたところ大丈夫でした。

大人が食べるものをスプーンで削って与えると食べるので、
試しにベビーフードのほうれん草のお粥を与えましたが、こちらは口を閉じて嫌がります。

息子の離乳食嫌いは、歯ごたえが原因だった様。

時間帯も大切で、
外出した日は帰宅が遅く、夜の離乳食はかなりさぼりがちだったのですが・・・朝は食べないのに夜は食べる率が高いと判明しました。

朝は眠いみたいです。お昼過ぎなら食べるよう。

それでもよその赤ちゃんに比べたら微々たる量。なのに途中で喉にひっかけて嗚咽。。。そうなると怖くて離乳食を中止します。

喉に詰まらせるくらいなら固いものを好まないで欲しいけれど、漉したものでも嗚咽してたから一緒なのかなぁ。

P1220770

育児支援施設『ぴよぴよ』では月に数回、
午前中だけ小児科の先生の無料相談会があります。

ママ友のお誘いでぴよぴよに行き、相談してみたのですが・・・

私:「離乳食を食べなくて、小児科で親と同じものを与えていいって言われたんですけど良いのでしょうか?」

初老の小児科の女医:「いいのよー。昔は離乳食なんてなくってね、親と同じものを与えてたの。
親と同じものをすり鉢に全部入れて擦るのよー」

私:「いえ、親と同じものじゃないと食べないんです。みじん切りもダメで、親のを食べるんです」
医師:「え?!そんな子はじめて聞いた!」

結構な経験を積んでそうなお歳の医師から『初めて』発言(汗)

一番気にしている、嗚咽については

私:「よく喉にひっかけるので、今の時期の食道の細さを知りたいのですが」
医師:「もし食道が細いとか奇形があれば、この大きさになるまでに肺炎を起こしてるだろうから気にしなくていいと思うよ」

P1220940という回答。
なるほどねぇ。でも数口で、少量しか口にいれなくても詰まらせるので、実際に医師の目の前で食べさせてみようかしら。

医師:「抱きしめてあげて!」

出た!(笑)
他のママさんは夜泣き相談をしたら「もっと抱きしめて!」と言われたそうです。
必ず最後はこの回答?

医師:「色々と問題をかかえた大人がね、精神分析した医師に『親子の絆、信頼が出来てない』って言われるわけよ。
でもどんな親だって愛情を注いで育てたハズなのになんでだ?って事。」

間違った愛し方、不器用な育て方・・・してしまいそう。
ドキッとしました。

医師:「私は兄弟がいっぱいいて、真ん中だったから母親の愛情が薄くてね、ずっと母に反抗心を持ってました。いまでもその反抗心があるから、母子の絆が強い人を見たら羨ましくて仕方ない。たくさん抱きしめて欲しかったの」

って、身の上話?!
このお歳なら当時、女が医者になるのは凄い事じゃ?!その反抗心が良いバネになったんじゃないの?

あと安全対策として、昔は目を離すときは赤ちゃんを柱にくくりつけてたらしいです(汗)
バウンサーもベビーサークルも無い時代とはいえ、虐待にならないのか。

他のママさんから聞いていたけど、質問とは的ハズレな雑談に突入。
息子が愚図ったのでこれ幸いに退散しました(笑)

P1220899ママ友さんから「リンゴを握らせたら自分でかじるよ。キュウリもいいよ」
と言われ、このアドバイスの方がよっぽど目からウロコです♪

さっそくこの日、主人の実家に遊びに行って試したら食べました、自分で!(というか歯で削って楽しんでる)

いつの間にこんな事できるようになっていたの???(その夜、なぜか自宅ではしませんでしたが)

マグマグのストロータイプも、初めて与えたら飲めました。
ママ友のアドバイスで、市販のベビー用お茶(ストロー付)で先に練習したおかげです。
どんどん成長するわぁ。

医師より、ママ友のリアルな意見が重宝します。

にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへにほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

離乳食相談

P1220649_2小児科での7ヶ月検診で離乳食を食べない旨伝えてからのお話です。

医師:「ふ~ん、食べない。食べ物に興味ない?一緒に食事してる?」

夕食は一緒に、親が食べている様を見せているし、
器には手を伸ばすけど口にしない、
お粥以外のものは嫌がるし、今はスプーン自体を嫌がってお粥も食べない、
食べる気がないのに口にいれると喉に詰まらせて嗚咽するので怖い、
指でパンをあげたら食べた、と告げると・・・

医師:「パンを食べるんだったら」
私:「ごく微量です。溶けるくらい」

医師:「・・・美味しい?」
私:「・・・そう思って、手作りも市販のも与えました」

医師:「果汁は与えた?」
私:「果汁じゃなくてミカンは与えましたけど、嫌な顔します。麦茶はダメ。白湯はよかったけど」

医師:「麦茶は苦いもん。ミカンより桃がいいよ。ネクター、あれいいよ。」
私:「あ!ミルクもダメでした」(パン粥をミルクで作り、ミルクだけすくって与えてみた)

医師:「哺乳瓶でしょ」
私:「スプーンで」

ミルクもダメと聞き、カルテを書く片手間に質問していた医師に火がつきました。

医師:「離乳食っちゅうもんはまずいからね、親と同じもの食べたいんじゃないの?あげてみて。肉じゃが!肉じゃがなんていいじゃない?」
私:「味を薄めてですか?」

医師:「薄めるぅ~?濃いのが良いわけじゃないけど、薄めたってマズいでしょ。どうせ1歳になったら普通にすき焼き食べてんだろうから。
気になるなら鍋、鍋なんていいじゃない。豆腐とか、白身魚なんかね。白身魚あげて」
私:「真鯛をあげました。ダシで煮てお粥に乗せて」

医師:「真鯛~?味ないんでしょ。おいしくない。お粥なんてね、漉して糊みたいにしたってね、ありゃ糊だもんな。ご飯くらい丸呑みしたって大丈夫なんだよ、漉す意味がわからん。あんなの必要ないと思う。
そりゃ固いのじゃなくて、炊飯器を傾けて炊けば片側は柔らかく仕上がるからね」

私は離乳食作りが雑で、ちゃんと漉さずにかなり粒が残っていて、ママ友に写真をみせて「粗い」とアドバイス貰ってたんですけどねぇ。てっきり、食べないのは漉しが足りないからかと・・・。

医師:「果汁、甘いもの試して。桃の缶詰の汁なんていいね」
私:「甘いの与えていいんですか?」

医師:「母乳自体ね、甘いんだよ。すっごく甘い!保健師は甘いものは与えるなっちゅうけどね、母乳飲んでみろってんだよ。プリンなんかいいよ。茶碗蒸しとか」
私:「卵まだ与えてないんですけど、アレルギーは?」

医師:「その子大丈夫そうだよ。大丈夫、アレルギーなさそうだから与えてみて。
まずは母乳以外においしいものがある、って興味をひかないと。
『うちでは甘いものはやりません』なんて言ったって恥さらしで、よそでチョコ貰って『世の中にこんなにうまいもんあったのかー?』ってバクバク食べるなんて事あるんだから一緒」

医師:「僕の息子なんて、僕が使ったスプーンでやってたからね。孫と同じアイス食べてたら今は歯科がミュータンス菌がどうのってさ、フィンランドじゃ虫歯気にして子供にキスしないんだってさ。でもあの国は離婚率高いからね。
親子の愛情が通じてて虫歯があるのと、親子の仲が希薄で虫歯がないの、どっちがいいかって事だよ」

私:「アレルギーって見た目でわかるんですか?」
医師:「わかるよ。アレルギーの子は肌がカサカサだったり湿疹あったり、その子は大丈夫そうだよ。だいたい、この夫婦の子が小さい子にはならんから」

あ・・・毎回言われてます。「この夫婦から小さい子にはならない」
・・・だよね~。絶対、遅かれ早かれ大食いになるわよねー。

息子が喉に詰まらせて嗚咽する点は首をひねられたけれど、
食事は糖分を気にせずとにかく口にしてくれるものを探すのと、その為にも味にとらわれず親と同じものを与える事になりました。

親と同じものは口にしてくれるけれど、それを与えていいものか疑問でした。
後押ししてくれて助かったわ。

光が見えて、すごく晴れやかな気持ちで病院を出ました。
その後の離乳食チャレンジについてはまた後日。。。

にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへにほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

離乳食を食べない・・・

P1220619生後5ヶ月に入ってからはじめた離乳食・・・苦戦中です(泣)

私の与え方がまずかったのでしょう・・・。
生まれて初めて1口目は興味津々で、何口も食べましたし(本当は1口しか与えたらダメなのに調子に乗って与えましたι)、
スプーンを握ろうとしたり、また口を開けたり・・・。
このまま順調にいくと信じて疑いませんでした。(冷凍していたものをチンして与えています

はじめてしばらくは、まだ舌の動きが前後にしか動かず、本人は出す気がなく口に入れたものをブジュッと出してしまう状態でした。

P1220622生後5ヶ月の半ばになると決して美味しい顔はしませんが、少ないながら何口か食べてくれ、次第に慣れてパクパクいくのかな?と思ったのに、

生後6ヶ月に入り口に入れてモゴモゴ出来るようになると、マズい顔をして食感を嫌がるようになりました。何口目かには「オエッ」と嗚咽するようになり、喉に詰まるんじゃ?とハラハラ・・・ι

生後7ヶ月の今、スプーンをみると固く口をつむんで拒否します。
口に入ればモグモグして飲み込むのに。

離乳食がうまくすすまない場合の改善点やコツを調べてみると、

●親と一緒に食べる。食べる様子を見せる

●固さを調節する
(月齢にあった柔らかさに煮たり漉したり。食べ辛いと食べない。また、本人がもっと固いものにステップアップしたい時は逆に、柔らかいのを受け付けなくなるケースも)

●怖い顔、不安な顔で見つめない。無理やり口に押し込まない

●食べる真似をしたり褒めたり、食事は「楽しい」と思わせる

●スプーンを替えてみる
(スプーンの材質を替えてみる。金属製のスプーンは冷たいので木製やシリコン製に。また、スプーンを掴んで遊ばせて見たり、手づかみ食べさせてみる)

●味付けを調節する
(より薄く、もしくはより濃く)

●普段が手作りなら市販のもの、普段が市販のものなら手作りのものを与えてみる

●空腹時に与えてみる、または母乳をあげて機嫌のいい時に与えてみる

●生後7ヶ月あたりと離乳食後期は停滞期で食べなくなる時期

などが見つかりました。

P1220618_2いずれも試したつもりです。
少し良くなった♪と思うとまた悪くなったり、今は食るかどうか以前に、頑なに口を開けません。

元々おひざに乗せた状態では食べてくれず、バウンサーやベビーソファに座らせて与えました。

スプーンをみて嫌がるようになってからは、お行儀が悪いのですがハイハイしたり遊んだりしてご機嫌なところに、スプーンが視界にはいらないよう横からサッとお口に入れるようにしましたが、これも数日後には口をあけなくなりました。

私がパンとチーズを食べていたら寄ってきたので、パンやチーズをちぎって指で口に入れると食べます。サラダの、キュウリの輪切りをちぎったものも食べました。

P1220608が、パンは卵、バター、添加物が入っているし・・・キュリは加熱していない上、大人と同じ固さι私が食べているものを急遽あげるとなると、質、衛生面、固さ、抵抗があります。

固いものが食べたいのかしら・・・?
でも喉に詰まらせたら怖いし、他の子より食べないのに胃腸が発達しているとは思えません。

食べているとはいえない状況ですが、これまでに口に入れてアレルギーがなかったもの達です。

大根、カブ、ほうれん草、豆腐、リンゴ、トマト、バナナ、キュウリ、カボチャ、サツマイモ、ニンジン、じゃがいも、玉ねぎ、シイタケ、ヨーグルト、チーズ、ミカン、イヨカン、麦茶、ほうじ茶、パン、ミルク、真鯛

市販のカボチャペースト、根菜ミックスペースト

便の匂いが変わりました。食べていないのにカツオ節臭いです・・・。

市の離乳食教室は3月までないようなので、
7ヶ月検診で相談してみようと思います。

にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへにほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

産院のスクスク学級/離乳食について

P1220380私が出産した産院で、生後半年になると参加できる『スクスク学級』に行って来ました。

久々マタニティビクスの先生やお世話になった助産師さん方にお会いできて嬉しい♪

最後にみんなで記念撮影!
(産院HPで記念写真が公開されたので赤ちゃん達の顔はアップ。モザイクがないのはマタニティビクスの先生です)

ビクスの先生が人形を使って行なうのを真似して、赤ちゃんを抱っこしたまま大またでカニ歩きしたり体をよじったり、助産師さんの読む絵本に合わせて子供を高い高いしたり。

生後6ヶ月になったばかりの赤ちゃんばかりですが、みんな小柄で息子だけガッシリでしたιでもひときわ小柄な男の子、女の子の2人はすでにハイハイしたり、自分でお座りしたり・・・。赤ちゃんらしい小さく身軽な体で、アクティブに動き回る姿が愛らしかったです。
一方、息子はででんと寝転び、寝返りも重量感がありました。お座りはまだ先かなぁ。

産後、入院中に出された美味しいお料理の数々。。。(前回日記参照)
これを管理していた栄養士さんから離乳食のお話がありました。
(ウチも生後5ヶ月から離乳食はじめています。それについてはいずれ・・・)

離乳食って、ネットで調べるとおおよそは同じでも細かいところで食い違いがあり、どれが本当の情報かわかりません。時代によっても違いますから、子育て経験者でもそれぞれ言う事が違う。

●離乳食開始はいつから?

昔は『離乳食は遅いほうがいい』とされていたけれど、学会の発表で『早い方が食物アレルギーになりにくい』と真逆に変わった、とテレビでみました。
(でも地区によっては離乳食は生後5ヶ月から、というのを6ヶ月に訂正したそうですがι)

育児学級で出会ったママさんの知人は、生後5ヶ月になる前から離乳食をはじめたせいでお米・小麦、その他あらゆる食品にアレルギーになってしまったそうです。外食も既製品もアウトじゃないか(汗)
『早く』とはいえ赤ちゃんの体がスタンバイしてからじゃないと怖いですね・・・。卵や肉類は離乳食中・後期からはじめるようになっています。適当にやるとアレルギーになるなんて、いい加減なことはできませんね。

4ヶ月検診の際に保健所でうけた説明では、動物性の出汁はまだ使えないから「干ししいたけ」「昆布」で出汁をとるよう言われましたが、産院でははじめから「昆布+かつおぶし」もOKの見解でした。う~ん。。。

●離乳食のはじめかた

初めて口にする食品は1日目1さじ、2日目1さじ、3日目2~3さじ、とアレルギーが出るかどうかうかがいながら慎重にすすめなければいけません。

1歳頃には五目煮や具沢山オムレツなど複合的な料理を食べていいみたいだけれど、3日で1種類マスターするペースじゃ1歳までに食べられる食材少ないよぉ・・・複合的な材料の料理に1つ2つは食べた事の無い食物が混じっちゃうよぉ・・・と悲観していたのですが、

質問したら、大豆がOKだったら金時豆は普通にOK。ジャガイモがOKならサツマイモもOK、と、豆類・イモ類、って大枠で考えていいそうです。なぁんだ(笑)
魚はひとくくりでなく、白身魚、赤身、青魚で分類。(ネットによると離乳食初期は白身魚のみOK。だたしタラはアレルギーの方もいるので避けた方がいいそうですし、真鯛はアレルギーの心配が低いそうです)

アレルギーのある食材と他の食材を一緒に調理すると、アレルギー以外の食材についた汁などでもアレルギーが出る事があるのに、離乳食初期から野菜スープ(出汁として使う)で試した事のない野菜までごった煮にしていいのか?とお聞きしたら、
アレルギーはタンパク質のもので出るから野菜は臆せず使って言い、と。ネギ・セロリ・ワケギなどの香味野菜は離乳食中は使用できませんが、緑黄色野菜は推奨。たくさん煮て、汁はスープ、出汁に。具は潰して離乳食に。

●離乳食は必ず過熱!

あと、私は豆腐をそのまま与えてしまったのですが(充填式のニンジン豆腐)、一般的な水に浮かんだ豆腐は雑菌が凄いので水洗いした上で湯通ししてから使うよう言われました。充填式でも一応過熱した方がいいって。
ネットでリンゴも加熱するようあったと質問したら、果物やキュウリにも熱を通すのは柔らかくするためであって雑菌防止ではない、と。
できれば与えるものは皮を剥けるものにすると、農薬を避けることができるので、皮を剥き、さらに加熱すれば農薬をより防止し、柔らかく、漉しやすくなって良いと言われました。

柔らかくて離乳食にしやすいから昔は推奨されたバナナですが、農薬が溜まりやすい点と甘さが強い事で今はあまり聞かないそうです。糖分の強いものは出来るだけ与えないように。好き嫌い、偏食をひきおこすからって。

●母乳以外の水分は?

うちはずっと完全母乳できて、生後5ヶ月からボチボチ離乳食をはじめていますが、
母乳以外の飲み物を与えた事がありません。お尋ねしたら、離乳食がすすめば母乳の量が減り、水分不足になりやすいし、母乳以外は受け付けないかもしれないからお風呂上りや離乳食時に試しに与えてみては?とアドバイスいただきました。

赤ちゃん用に売ってある麦茶やポカリスエット(あくまでも赤ちゃん用の)なら無添加だったり赤ちゃんの味覚に調整されているかもしれないけれど、普通に煮出すなら、麦茶の麦も厳密にいえばたんぱく質なので、ほうじ茶がいいかも、と。煮出して薄める場合、大人だと「薄いかな~?」程度でいいそうです。味がないほど薄めるのかと思ってましたι

●離乳食食器は消毒不要。では哺乳瓶は?

他のママさんからの質問で、哺乳瓶はいつまで煮沸消毒すれば?とあったのですが、助産師さんからは「それは私達の間でも話題にですんですけど、調べてもコレって答えがないんですよねー・・・」ビクスの先生は「1歳までは皆やってるみたいね」との事。

生後5ヶ月以降から利用しだす、離乳食食器は普通に洗うだけで良い。赤ちゃん用のマグカップも同様に普通に洗うだけで良い。なのに哺乳瓶だけ1歳まで要煮沸。
じゃあ、マグカップに母乳を絞って与えたら?ミルクを溶いて飲ませたら?マグカップなら煮沸がいらないなんて(笑)

ただ、殺菌にこだわりすぎてもダメで、インフルエンザで殺菌・除菌が過剰になっているけれどある程度の雑菌がお腹に入らないとお腹の弱い子になりますよ、って。(あくまでもウィルスじゃなくて雑菌ね)
幼稚園にあがってから他の子と共通のモノを使用したらすぐに腹痛になる子になってしまうよ、と言われました。それもそうだ・・・。まだ兄弟もいないので他人とモノを共用することはないし、人形はまめに洗濯しているし、ちょっと衛生的すぎたかも。。。主人がお腹の弱いヒトで一緒に居て不便な事が多いので、息子は強くあって欲しいわ。

育児はハッキリ言い切れ無い事や矛盾が多く、情報も氾濫しているので大変ですι

深夜と朝方、いつになく息子に起こされてグロッキーだったのでお休みしようかと思ったスクスク学級ですが・・・たくさん質問できて、モヤモヤがはれ・・・本当に行って良かったです♪

にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へにほんブログ村 インテリアブログ フレンチインテリアへ人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)