カテゴリー「 子供部屋」の3件の記事

2012年10月16日 (火)

手作り 子供の家 段ボールのお家を板壁風に

Dscn4123
68660_229797747155292_345539728_nLLサイズの段ボール箱をホームセンターで購入し、切り開いて窓穴をカットし、本棚と組み合わせて子供部屋に子供たちの家を作りました。

正面はダンボール壁、側面は本がたくさん入った重い本棚、本棚とコンクリ壁の間には、前住居で使用していたベビーゲートをつっぱって玄関にしています。

この写真を撮影後、ゲートに両面テープでワイヤレスのインターホンをつけ、より玄関らしくなりましたよ。

530270_229797927155274_439725698__2

735000_229797753821958_257076244_n

 

転居後、給湯システムが古くて呼び出しボタンがなく、子供のお風呂上りをしらせるために買いました。

が、転居数か月後に新しい給湯システムに変わる工事が・・・。呼び出しボタンもつき、不要になったのです。

段ボール壁の見た目が貧乏くさく、どうにかしたいと思っていたところ、本物の壁紙が余る事に。。。(過去日記参照)

つぎはぎの様に余った壁紙を組み合わせて貼り、足りない部分は色紙で草を貼りました。

窓枠は戸棚のリメイク(過去日記参照)に使った余りです。

Dscn4119
完成~!と思ったら、

息子:「土がないよ。変だよ。」

私:「これじゃだめなん?」

息子:「草があるのに土がないよ。おかしいよ。」

・・・・・やっと出来たのに(泣)
言われるまま土もつけたして、やっとがOKでました。

段ボール壁紙の裏側は相変わらず段ボールとガムテープのままですがねι

↑↑複数のランキングサイトに参加しています♪
↓↓どちらも応援クリック宜しくお願いします!


にほんブログ村 インテリアブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

手作り 木製子供のおままごとキッチン

4


息子は1歳前からおままごとのオモチャに興味津津で、
いずれはこのシリーズのおもちゃを買ってやろうと思っていました。

イギリスのおもちゃメーカーらしいです。
水の音が出る、コンロが光る、レンジが回る、リアルな食材おもちゃや調理器具付!



そしたら妊娠&第二子が女の子と判明♪
もうキッチンの購入は、絶対!確定です!!

レビューを読み漁ると、1歳児が使ってもサイズが小さい(泣)
そこで奮発して、手作りキッチンを作ってかさ増ししようと思い立ちました!!

自分で簡単にカットできるよう安くて軽いファルカタ材を買ったのに、

Tenban結局ファルカタ材はホームセンターでカットしてもらい(爪で跡がつくくらいやわらかい材です)、

自分でカットするしかない天板はパイン材で、固くてカットがしんどかった(泣)

(主人がナフコ、コメリ、OKホームセンターに問い合わせてくれましたが、どこも曲線カットはしてくれず)

天板の一部を、コンロよりやや大きめに、ノコギリで「コ」を90度倒したような形にカット。
気合で。

ここに隙間風を防ぐ、スポンジに両面テープがついたものを貼り付け、コンロのおもちゃをはめ込みました。スポンジによっておもちゃを傷つけず、隙間なくはまります。

シンクは、まずドリルで穴をいくつかあけ、
ドリルの穴をつなげて数センチの直線を開けます。そこにノコギリをさしこんでカット。

シンクの4辺となる場所をそうやってカットしたら、4つ角はドリルの穴だけでカット。

ジグソーを買いたくなりました(泣)

そこに、100均のステンレストレーをはめ、裏返してトレート天板との隙間にはシリコンボンド
を充填して、乾いてから100均の木調カッティングシートでふさぎました。

偶然、トレーと天板の厚みが全く一緒だったのでカッティングシートがきれいに貼れました。

蛇口は、ヤフオクで真鍮の蛇口を検索したところ、ガーデン用?の新品で小さな蛇口が出ていたので落札♪

本格的に蛇口をつけたくてボルト等探しましたが、
ホームセンターの方に尋ねると、蛇口用のボルトは特殊なサイズで高額なんだそうです。
おもちゃ作りならねじ込むようアドバイスを受け、

そこで、ブロック状の木材に(良い大きさがなかったので100均の木材2本をボンドでくっつけて、ヤスリをかけてブロック状にしました)に太いドリルで穴をあけ(貫通しないように)、

ギュッギュッとねじこんでいるだけですが、蛇口をひねっても外れませんでしたよ。

6

本体は・・・ちゃんと設計したのに・・・カットし忘れた材があり、カットしたと思い込んで作業をすすめ、当然組み合わないι

でもカットしたと思い込んでいるのでカットしないまま、変に工夫してなんとか組み立てました(汗)よって、想定していたより不格好な部分が多々。。。

全体を組み立ててから天板をマスキングしてペンキを塗って、上の茶色い飾り棚は最後につけました。前住居の玄関で、飾り棚として使っていた焼板です。(過去日記参照)

背面から長い釘をドリルで打っているので強度もあります。

ドリルでネジ釘を打ってもらう以外、一人でコツコツ作りました(泣)
面倒くさくてしんどかったー!二度とやりたくないι

製作費は大雑把にいうと、レンジとオーブンのおもちゃを入れても15,000円しないくらいかなぁ。(木材だけだと6000円台+ペンキやオイルステインや蛇口等々)

木製のキッチンは買うと1万円越が普通だから、この大きさと機能でこの価格、さすが手作り!と思っています。

1

苦労した甲斐あって、3歳の息子にぴったりサイズで、
1歳にとっても小さいサイズのキッチンおもちゃが、5歳くらい(?)まで使えそうですよ♪

息子も喜んでいるけれど、私のおままごと熱がえらいことに。
おままごとに使えそう!と思う食材やグッズを次々に購入していますι

それについてはいずれ。。。

※ このシリーズ、洗濯機も欲しいけど、おままごとで洗濯しないよねぇ・・・。

↑↑複数のランキングサイトに参加しています♪
↓↓どちらも応援クリック宜しくお願いします!


にほんブログ村 インテリアブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

自作のウォールステッカー/子供部屋

Dscn2685

Dscn2679転居して最も良かったのは、子供部屋を設けられたこと。
残念ながら、広い壁は壁紙1枚隔てて完全コンクリート。。。

鋲で飾り棚を作ったり、絵を下げたりできません。
(2か所だけ絵用の杭が刺さっていましたが)

そこで、せめてウォールステッカーを飾ることにしました。

Dscn2684

100均の色画用紙、ドット柄の折り紙と強力両面テープ、スティック糊、生協で買った『貼ってはがせる両面テープ』を使用して自作のウォールステッカーを作成。

船底天井で天井が高く、壁が広いのに・・・
木のウォールステッカーが、大きければ大きいほどお高かったので・・・。

生協で買った『貼ってはがせる両面テープ』によって100均のフックも数個貼り付け、軽いものならぶら下げ可能。
(ホワイトボードは備え付けの杭に下げています)

引き戸や壁の蝶、ポピーのウォールステッカーは市販品です。

蝶の方は販売画像で見るのはリアルだったのに、届くとイラストっぽすぎてガッカリ。。。

しかも薄くてもろく、貼りなおそうと剥がすと敗れて使えなくなりました。

ポピーはしっかりした素材で、何度も貼り直してレイアウトを探りました。写真の様にリアルで好きですが、あとから考えると昭和の花柄ポットの様な雰囲気?(汗)

Dscn2687

階下への騒音対策にEVAマットを敷き詰めました。

カラフルで、いかにも子供部屋!
にしたかったのですが、カーテンだけはシンプル無地。

Dscn2690



「青空に雲のカーテン」が元気な子供部屋って感じで憧れがあったのですが、これ以上ガチャガチャしたくなくてやめました。

↑↑複数のランキングサイトに参加しています♪
↓↓どちらも応援クリック宜しくお願いします!


にほんブログ村 インテリアブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)